建物表題登記

建物表題登記

一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパートなどの建物を新築したときにする登記です。建物表題登記とは、建物の物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きの事を言います。一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパートなどの建物を新築したときにする登記です。建物の種類としては「居宅」「店舗」「共同住宅」などとして登記されます。

ここでいう物理的な状況とは、建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積の事であり、これらを登記簿に登録する事により、どれくらいの大きさでどんな形状の建物なのかが明らかになるわけです。

また、建物表題登記では、これに加えて、その建物の所有者や新築年月日なども登録されます。

住宅ローンや融資を利用した事により建物に抵当権等の担保を付ける場合には、必ず金融機関からこの建物表題登記と所有権保存登記をする様に求められます。

▲PAGE TOP

こんな方はご相談ください

  • 建物を新築したとき
  • 登記されていない建物を売買や相続で取得した時
  • 未登記建物を担保に借入れする場合
  • 建売住宅を購入したとき
  • 昔くから建っている建物だったが、未登記だったとき

▲PAGE TOP

建物表題登記の費用

但し、上記金額は目安であり、現地の地形、筆数、面積等により異なります。事前見積致しますのでお気軽にお問い合せください。価格は税込み表示となっております。

手続き 費用
建物表題登記 70,000円〜

▲PAGE TOP